バイリンガル教授法

今回の教師研修は、代表の水野が「バイリンガル教授法~バイリンガルの素質を知り、効率よいレッスンを提供するために~」というテーマで話をしました。全体講義のあとに、グループに分かれて与えられた生徒のレッスンのプラニングをし、プレゼンテーションをしました。最後には時給アップの教師の認定証授与が行われました。

■バイリンガルとは?

一言では説明ができないバイリンガル。脳の活性化につながるなどのメリットがあるバイリンガル。水野からはさまざまな定義の説明や、バイリンガル教育が進んでいるカナダの実例報告があり、あらためてバイリンガルとは何かを考えさせられました。

■バイリンガル・パートナーズの3原則!

主張から始まる英語言語の習性と和を大切にする日本語言語の差や、日本の減点主義を理解できるのもバイリンガルの良さです。「間違えても大丈夫だ」ということを伝えながらレッスンを行うことが大切だということを教わりました。

今回の研修で特に伝えたかったのはこの3つです。
・完璧な英語を目指さない
・出来るだけ難しい単語・フレーズを使わない
・「伝えたい」という気持ちを大切に

■社会人レッスン例・子供レッスン例

サンプルのレジュメをもちいてレッスン例や教えるポイントを教えていただきました。どれだけ生徒と生徒のご家族が望んでいるものを引き出し、そして満足度の高いレッスンを提供できるかが大切です。その方法のヒントをお伝えしました。

■プレゼンテーション

3~4人のグループにわかれ、与えられた架空の生徒のプロフィールをもとにレッスンのプランニングを行い、発表してもらいました。



グループ1:社会人医者43歳(中級)目標はプレゼンテーションスキルアップと日常会話
グループ2:社会人OL 25歳 (初級)外国人と不自由なく話せるようになりたい
グループ3:小学生一年生(初級)中学に向けて英語に慣れさせたい(母)
グループ4:幼児3歳(初級)とにかく英語を好きになってもらえばそれでいい(母)

楽しくてためになるアイデアがたくさんでました。今後も今日の研修で試行錯誤した経験を生かして、良いレッスンを提供してくれる事を期待しています!

■時給アップ認定証授与!!

バイリンガル・パートナーズの教師としていつも素晴らしいレッスンを提供してくださっている方には時給アップというかたちで報酬があります。今回時給アップにみごと認定されたのはK.T先生とY.N先生のお二人でした。おめでとうございます!!

時給アップの対象となったお二人は:
◇生徒さんからの反響がとても良い
◇指導報告書の内容が毎月しっかりとしている
◇研修参加度合いが高く、学習意欲も高い

参加いただいた先生よりたくさんの感想をいただきました。

バイリンガルとしての意識を高めることができました。この意識を毎回のレッスンで常に持てるよう心がけていきたいと思いました。 (M.W先生)

他の先生方のレッスンに際するアイデアを沢山知れてとても有意義だった。あとプレゼンもいろいろなケースにどの様に対応した内容の授業を作り上げるかを自分なりに考えることができて面白かった。 (M.I先生)

今回の研修ではレッスンにおける具体的な内容などに触れていただき、非常に参考になりました。特に年齢や英語レベルに即したレッスンプランを作り、互いに発表しあったワークショップはとても意義のあるものでした。ありがとうございました。(S.Y先生)

今回の研修もとてもためになりました。「バイリンガルとは何か」ということもより理解できましたし、バイリンガルだからこそ、ユニークで生徒さんのニーズに答えることのできるレッスンができるということが分かりました。 (Y.N先生)

今回初めて参加します。バイリンガルの特徴などを改めて考える良い機会となり、また、今後のレッスンに活かすようなアイデアも浮かびました。 (K.S先生)