バイリンガル・パートナーズ > 生徒さんの声 > ヒロシさんの声

ヒロシさんの声

ヒロシさん(25歳・男性・外資系企業勤務)との対談

  • 現在の目標をお聞かせください。
  • 日常英会話を中心に習っています。同僚に外国人もいますので、トイレなどで会った時は気軽に声を掛けられるようになりたいと思っています。今後海外へ行った場合、日常でミスコミュニケーションがないようなレベルになること、また自分の国の説明を上手に出来るようなレベルまでなりたいと思っています。
  • 現在どういった勉強をされていますか?
  • 月4回90分コースでお願いしています。まず30分フリートークをしています。How was your weekend? から始まり、weekdaysにも何か面白いことがあったら話すようにしています。先生のほうの話も聞けるので、お互いの理解度が増し、よって更にスムーズにレッスンを受けられていると思います。次の30分はバイリンガル・パートナーズが薦めてくれたテキストを使っています。私は、そのテキストの絵だけを見て、文章は一切見ずに先生の質問に答えるようにしています。文章が目の前にあると、どうしてもそっちを見てしまいがちなのですが、絵だけだとその場のイメージができ、聴き取るのに集中できるので、結果ヒアリングとスピーキングの練習になっていると思います。最後の30分は、日本のマンガを使っています。例えば、GTOというマンガの面白いフレーズに先生が付箋を貼ってきて、それを私が英語に訳しています。その後に先生が訳して、私と先生の訳の違いを勉強しています。
  • 今までのレッスンで特に勉強になった内容
  • 日本語で分からない点をすぐ聞けるので、レッスンの流れを崩さずに効率の良いレッスンが受けられていると思います。さっき言ったマンガのレッスンでは、日本人が訳す英語とバイリンガルが訳す英語のニュアンスの違いがとても勉強になっています。他にも、「なるほど」というのを「I see」と言うとか、「そんな大げさに言うなよ」を「You sound too dramatic」と言ったりするなど、その場で「使える英語」教えてくれるので勉強になります。
  • バイリンガル・パートナーズで習い始めてから進歩した内容
  • ヒアリング力が上がったと思います。仕事場で「Hold, please」が聴き取れなかったのですが、レッスンを始めてから聴き取れるようになりました。外国人の同僚が話している英語も雑音ではなく、英語として聴こえるようになってきました。あと、先生がよく使う口癖、「Actually」や「Finally」と言ったような、会話をつなぐ単語も使えるようになってきました。
  • バイリンガルのよさは何ですか?
  • やはり、日本語が使えることによって、その場で分からないことが解決するところじゃないでしょうか。分からないままレッスンが終わることがないので、自信を持って英語を覚えられています。